HOME>水質浄化>水質浄化用リン吸着材P-CATCH(ピーキャッチの性質) 株式会社クレアテラ



ホーム 屋上緑化・壁面緑化 水質浄化 分析業務 緑化コンサルタント 土壌・植栽調査

Japanese | English

 




 

日本特許 第3103475号・第3113183号  
米国特許 005447653, 英国特許 0612692
 


カタログ ダウンロード 

P-CATCHカタログ
水質浄化用リン濾過材
P-CATCHカタログ

 

ピーキャッチの性質カタログ
ピーキャッチの性質カタログ
 

ピーキャッチによる水質浄化システム
ピーキャッチによる
水質浄化システム

 

使用済ピーキャッチの再利用
使用済ピーキャッチの再利用
 

As-Catch2カタログ1
As-Catch2カタログ1
 

As-Catch2カタログ2
As-Catch2カタログ2
 
 
 ピーキャッチは、株式会社クレアテラ,東京大学農学部農芸化学科,東京都農業試験場が平成3,4年度に東京都の産学公共同研究事業の認定を受け開発した、水質浄化用吸リン濾過材です。
 その成果に対し、平成6年第六回中小企業優秀新製品・新技術賞を受賞しました。
 同年に通産省の技術改善費等補助事業に認定され、量産化の研究に着手し、現在量産化できる体制を整えております。
特長
植物プランクトン繁殖の制限因子とされている水中のリンはピーキャッチを充填した濾過槽に通水するだけで吸着・除去される。
ピーキャッチは極低濃度(0.02ppm以上) から高濃度のリンを含む水中のリンを効率よく吸着する。
ピーキャッチは粒状で透水係数は1×10-1から1×100cm/secと高いので通水速度を速くできる。
ピーキャッチ1m3当たり1日120m3の水を通水(SV=5)してもリンを効率よく吸着する。
多孔質であるためリン酸を吸着し生成したリン鉄は,孔隙中に閉じ込められ流出しない。このため凝沈法で必要となる広大な沈殿槽を必要としない。また汚泥処理の必要もない。
ピーキャッチを使うと設備を小さくできる上,汚泥処理等のメンテナンスコストを削減できる。
使用済のピーキャッチは園芸用土や土壌改良材として活用できる。
濾過材なので,目詰まりを防ぐため,前処理としてSS分の除去が必要となる。
リン吸着除去のほかに,水中のフッ素,砒素,セレン,亜鉛,鉛,銅などの重金属元素も吸着除去できる。
 
ピーキャッチの性質  
 1.成分
 二酸化ケイ素、酸化アルミニウム、酸化鉄が主成分で有害物を含んでいません。
 
成分(乾物質当たり%) 
SiO2 28.16
Al2O3 23.69
Fe2O3 20.44
TiO2 1.17
MnO 0.20
CaO 1.50
MgO 2.27
K2O 0.53
Na2O 0.49
P2O5 0.25
SO3 4.21
強熱減量 17.53

 2.粒度

1号 2号 3号
0.5〜1.0mm 1.0〜1.8mm 1.8〜20.0mm

 3.物理性質
 多孔質で、比表面積が大きく、逆洗に対する高い耐久性があります。
 
真比重 (g・cm-3) 2.65
容積重 (g・cm-3) 0.75
粒子内孔隙率 (%) 40.8
総孔隙率 (%) 71.7
飽和透水係数 (m・s-1) 4.1×10-3
逆洗崩壊率 (%) 7.9
比表面積 (m2・g-1) 107

 4.安定性
重さ2.5kg の金属製ランマーを10cm上から15回落下。2.00o以下への崩壊物は10%以下であった。
2ヶ月間通水しても容積の変化はほとんどない。
 一日1回、10分間バブリングの場合には1年間しても破壊率が10%であった。
 5.化学性質
陽イオンと陰イオンの吸着能力を同時に有し、特にリン吸着能力が高いです。
 
pH(H2O)
リン酸吸収係数
(g P2O5・kg-1)
陽イオン交換容量
(mmol・kg-1)
陰イオン交換容量
(mmol・kg-1)
5.6 82.0 128 29


 6.微細構造 


表面は凹凸で、1〜5μmの微粒子が集合しています。
  
 7.吸着能力    8.各種形態のリン吸着

画像の説明
 
画像の説明
低濃度から高濃度域にわたってよく吸着します。
吸着量は8.1〜22.3g P・kg-1です。
 
 リン酸、亜リン酸、トリポリリン酸が24時間後に
ほぼ100%除去されました。
 
 9.吸着速度の影響    10.pHの影響

画像の説明
 
画像の説明
 
空間通水速度を遅くすると、リン吸着量が増えます。
 
pH5〜9でリン酸、亜リン酸、トリポリリン酸の吸着に影響はありません。
 
 11.酸性およびアルカリ性条件下でのリンの吸着除去

イオン濃度
(mg・L-1
リン濃度
5.0mg・L-1 10.0mg・L-1
  0.0 100.0 100.0
AsO43- 5.0 99.6 98.8
10.0 95.0 97.0
SiO42- 50.0 96.3 96.7
100.0 91.1 88.9
F- 10.0 99.7 99.9
20.0 99.2 100.0
Cl- 100.0 99.7 99.9
200.0 99.7 100.0
SO42- 100.0 99.0 99.5
200.0 99.5 99.5

河川、湖沼に使用する場合、リン吸着に対し、それらの共存イオンの影響は殆どありません。

  ピーキャッチはリンを吸着除去するほかに、水中のフッ素,砒素,セレン,亜鉛,鉛,銅などの重金属元素イオンも吸着除去できます。

カタログ ダウンロード
ピーキャッチの性質カタログ
ピーキャッチの性質カタログ

 お問い合わせは  kaihatsu@createrra.co.jp


HOME