HOME>水質浄化>PCPシステム 株式会社クレアテラ



ホーム 屋上緑化・壁面緑化 水質浄化 分析業務 緑化コンサルタント 土壌・植栽調査

 




 実証番号080-0501
環境省 環境技術実証モデル事業

まったく新しい原理で池水を浄化。
 だから、とても安価に池が澄み、庭園の格が上がる。



カタログ ダウンロード 

P-CATCHカタログ
水質浄化用リン濾過材
P-CATCHカタログ

 

ピーキャッチの性質カタログ
ピーキャッチの性質カタログ
 

ピーキャッチによる水質浄化システム
ピーキャッチによる
水質浄化システム

 

使用済ピーキャッチの再利用
使用済ピーキャッチの再利用
 

As-Catch2カタログ1
As-Catch2カタログ1
 

As-Catch2カタログ2
As-Catch2カタログ2
 
環境省の実証事業で高い浄化効果を確認済!

 環境省は、「環境技術実証モデル事業」により、普及が進んでいない先進的環境技術の環境保全効果等を第三者機関が客観的に実証する事業を実施している。平成17年度は湖沼等水質浄化技術分野で全国から応募した30技術中7技術を選別し、実証事業を行った。
  ピーキャッチによる水質浄化システムは下記の環境省のホームページの報告書概要に記されているように、池の浄化効果が 極めて高いと評価された。
  環境省実証報告書
     http://www.env.go.jp/water/tech_model/purificationl17_03/mat03_1_1.pdf
              環境省HP→http://www.env.go.jp/
 
 PCPシステム

 池の水は放置しておくと、すぐ濁ってきます。そしてせっかくの庭園の景色を台無しにしてしまいます。PCPシステムは、第六回中小企業優秀新製品・新技術賞を受賞した
高性能リン吸着材である 「ピーキャッチ」を用いた今までにない浄化原理による池水浄化装置で、高輪、横浜プリンスホテル、 神戸ホテルオオクラ、寒川神社など多くの池の浄化をしてきました。
PCPシステムは他の池浄化システムと異なり、1tと小さな池から100,000tレベルの大きな池まで池の大きさを問わずに、従来では考えられない破格の値段で池の水を澄ませます。
 
特 徴
池の大きさの1/200程度の小さい装置を、池に沈めて使うので場所をとりません。
1t程度の小さな池から100,000tの大きな池まで格安に綺麗にできます。
簡単な装置であるため、従来の半額以下と極めて安価です。また、従来、膨大な価格となるため対象とならなかった数tから数10tの小規模な池にも気軽に導入できます。
勿論10,000t以上の大きな池にも最適です。
装置内の水中ポンプにより池水をピーキャッチろ過し、循環します。その際、藻類の栄養分である水中のリンを吸着・除去し、藻類の発生を抑えます。
池の水が澄むため、庭園全体の景色がしまります。
池が綺麗に保たれるため、水交換が不要です。
レンタル方式をご採用頂きますと、レンタル料は水替えや逆洗にかかる上下水道料金よりかなり安価にすみます。また、水交換時の魚の移し変えや池の清掃などの手が少なくてすみます。

メンテナンス
1.一年間に1〜2回ピーキャッチを取り出して洗います。
2.その際、ピーキャッチを年20%程度追加・交換します。

PCPの浄化システム

  PCPフイルター PCFフイルター 水入れ替え 砂ろ過 微生物
原 理 リン吸着により
藻類発生抑制
リン吸着+ろ過 水の交換 ろ過 微生物分解
効 果 効果1〜2週間
で出現
かなり高い
効果1週間以内
で出現
極めて高い
水入れ替え
2〜3週間以降
効果少ない
藻類繁殖抑制
不能
アオコとれない
再現性なし

効果微小
対象t数 10t以上 100t以上 制限なし 100t以上 制限なし
設備費 レンタル 200万円以上 250万円以上
年維持費 安い 極めて安い 高い 高い 極めて高い
逆洗水量t
/池t・年
(上下水道料)
逆洗水不要 逆洗水1t
(700円/年)
逆洗不要 逆洗水15t
(10,500円/年)
逆洗水不要
水入れ替え 不要 不要

環境省 環境技術実証モデル事業
「湖沼等水質浄化技術分野」平成17年度実証試験結果

埼玉県さいたま市別所沼 隔離水界水量  約120m3Pキャッチ使用量  600L
浄化前
画像の説明   画像の説明
試験区外部の状況 コントロール区
画像の説明   画像の説明
施工直後 平成17年8月19日 平成17年8月19日
画像の説明   画像の説明
平成17年8月23日 平成17年8月27日

別所沼における実証試験結果
(埼玉県環境科学国際センターにて採水,分析したデーター)
図1〜4のとおり、当該実証技術により、Chl-a、懸濁物質(SS)、全リン、及び
リン酸態リンの迅速な低減が確認された。
 
画像の説明

図1 Chl-aの経時変化(図中矢印⇔は、実証期間を示す)


画像の説明

図2 懸濁物質(SS)の経時変化


画像の説明

図3 全リン(T-P)の経時変化


画像の説明
図4 リン酸態リン(PO4-P)の経時変化

※別所沼に設置した隔離水界において、台風14号の風雨の影響により隔離水界と外界(別所沼)と隔離していた遮水シートがめくり上がり、隔離水界内と別所沼の水が入れ替わっていることが台風通過後に確認された(9月8日)。
隔離水界の補修を行うため実証試験を一時中断し、補修終了後、実証試験を再開(9月16日)して再運転を行った。
なお、台風による実証装置そのものへの影響は無かった。

 東北歴史博物館観賞池の浄化   03/03/26
(池水量3000m3)        Pキャッチ総使用量 15m3
浄化前
画像の説明   画像の説明
平成14年10月 池の底が全く見えない。
画像の説明   画像の説明
平成15年7月28日  PCP設置4ヶ月後
透視度が60cm以上になった。
存在すらわからなかった池の鯉がはっきり見えるようになった。臭いは全くなし。

画像の説明   画像の説明
最上段も見えなかった階段が最下段まではっきり見える。
水底の砂利も見えている。
   
平成15年11月1日  
東北歴史博物館から感謝状を頂く。

東北歴史博物館における鑑賞池の水質浄化データー
本データーは、PCP装置の正式設置の前年に鑑賞池の一部を仕切り、ここに試験用PCP装置を
設置して仕切の内外の水質の変化を調べ、装置の有効性を試験したときのものである。

 

カタログ ダウンロード
ピーキャッチによる池水浄化システム
ピーキャッチによる池水浄化システム

お問い合わせは  kaihatsu@createrra.co.jp


HOME