樹木医による樹木診断・環境・土壌調査なら(株)クレアテラにお任せください。

株式会社クレアテラ
HOME>環境調査・土壌調査・樹木診断等 TOP>樹木医による樹木・街路樹診断



ホーム 屋上緑化・壁面緑化 水質浄化 分析業務 緑化コンサルタント 土壌・植栽調査


樹木医による樹木・街路樹診断
   
自然環境調査業務
農耕地および森林環境に係る調査
樹木生育調査
樹木・街路樹診断
校庭芝生化・スポーツターフ造成にかかる調査・設計・施工
環境放射線・放射性核種分析
特殊な調査
研究・発表論文・講師派遣



お問い合わせは
TEL 03−5300−2501
調査部門 まで
  樹木医による樹木・街路樹診断
 
樹木診断のうち、街路樹に係わる調査は、東京都が行う街路樹診断があります。
この調査は、道路の安全性確保のため実施され、
調査方法・評価方法が定められています。

また、弊社ではこの調査方法を参考に、大学構内や集合住宅などにおいて
樹木医による診断を行っております。
 
 ○外観診断
 
目視やいろいろな道具を用いて、次に示すような診断を行い
樹木医が樹木の健全度を評価します。
 
 樹   勢 : 樹木全体を目視し、樹勢・樹形について総合的に評価します。
 打診音異常 : 木槌により、根元・幹・大枝などをたたいたときに発する打診音から
        樹木内部の異常を診断します。
 揺 ら ぎ : 幹を押した時に、根株腐朽等による異常な揺れがないか診断します。
 子 実 体 :いわゆる「キノコ」が発生していないか、発生している場合種類は何か
        診断します。キノコは樹木の材を腐らせるため、特に根元に発生して
        場合には倒木に対する注意が必要になる場合があります。

 ○精密診断

  機械を用いて、樹木内部の空洞や腐朽の広がりを測定することができます。
  精密診断に用いられる機械は主に次のようなものがあります。
  
 ・キリを樹木内部に貫入し、貫入時の抵抗から、腐朽および空洞を判定する。
 ・樹木内部の音波の伝わり具合を測定し、腐朽および空洞を判定する。
 ・γ線を照射することによって、腐朽および空洞を判定する。


 ○参考資料

     平成26年度街路樹診断マニュアル (東京都) 都HPよりダウンロード可
     平成26年度大径木再生指針(東京都) 都HPよりダウンロード可
     
   実績
      ・代々木公園樹木診断(東京都東部公園緑地事務所)
    ・井の頭公園樹木診断(東京都西部公園緑地事務所)
    ・街路樹診断(東京都建設局 各建設事務所)
    ・街路樹防災診断(東京都建設局 各建設事務所)
    ・大径木再生指針作成(東京都建設局公園緑地部)
    ・街路樹診断結果の検証(東京都第二建設事務所)
    ・大学構内樹木診断(T大学、I大学、G大学)
    ・集合住宅樹木診断(UR、民間マンションなど)
 
 


HOME